現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 学びたい
  3. 「ほっかいどう学」地域活動推進講座

学びたい

「ほっかいどう学」地域活動推進講座

地域の様々な機関や団体等と協働しながら地域づくり・まちづくりに関わっていくために必要なコミュニケーションの力を向上させるための講座です。1会場で年に5回程度の連続講座を予定しており、3カ年計画で取り組んでいます。
平成26年度は、興部町、別海町で実施しました。平成27年度からは、南富良野町、江差町で実施しました。
平成28年度は、浦河町と中札内村で実施します。

中札内村

平成28年度(1年目)第1回

・平成28年5月13日(金曜日)中札内村文化創造センターで実施。
・中札内村ポロシリ大学生46名が、ゲームと軽運動を通して地域活動に必要なコミュニケーションのあり方を学びました。

平成28年度(1年目)第2回

・平成28年10月14日(金曜日)中札内文化創造センターで実施。
・「ほっかいどう学」インターネット講座DVDを視聴し、その後「高齢者の学びと地域づくり」について北海道大学名誉教授 木村純講師からの講演を受講した。

平成28年度(1年目)第3回

・平成28年11月11日(金曜日)に中札内文化創造センターで実施。
・更別村末広学級と学習交流会を行い、互いの地域の活性化や地域づくりについて交流した。

平成28年度(1年目)第4回

・平成28年12月2日(金曜日)中札内村文化創造センターで実施。
・中札内小学校3年生と交流。直接学校へ訪問し授業参観の後高齢者の役割や学校と地域の連携について学ぶ。

平成28年度(1年目)第5回報告書

・平成29年1月13日(金曜日)中札内文化創造センターで実施。
・中札内村子ども会育成会と連携し、紙工作づくりで児童・生徒と交流を行った。

浦河町

平成28年度(1年目)第1回

・平成28年9月8日(木曜日)浦河町総合文化会館にて実施。
・アイスブレーク「浦河町を盛り上げるためのストーリー」や「若者の盛り上がれるイベント」を考え参加者同士で共有した。

平成28年度(1年目)第2回

・平成28年10月2日(日曜日)浦河町総合文化会館にて実施。
・「スーパーライブ」のイベントに、運営者として携わることで今後の活動に活かすことができた。

平成28年度(1年目)第3回

・平成28年11月17日(木曜日)浦河町総合文化会館にて実施
・浦河町や自分の取り巻く環境を踏まえた企画書を作成し発表し合うことで、企画・立案方法を学ぶことができた。

平成28年度(1年目)第4回

 ・ 平成29年3月3日(金曜日)浦河町総合文化会館にて実施
 ・ 来年度の計画と浦若塾の今後の取り組みについて議会で報告した内容をもとに意見交換を行いました。

平成28年度(1年目)第5回

 ・ 平成29年3月16日(木曜日)浦河町総合文化会館にて
 ・ 平成28年度の成果と課題を確認し、次年度の浦若塾の活動について意見交換を行いました。

南富良野町

第1回

  • 平成27年9月10日(木曜日)南富良野小学校にて実施
  • 町内の小学生・児童との野外体験学習を行う中で、児童との触れ合いを体験しました。

第2回

  • 平成27年10月22日(木曜日)南富良野町保健福祉センターにて実施
  • 第1回での異世代交流体験を踏まえて、地域活動等に必要な様々なコミュニケーションの取り方について学びました。

第3回

  • 平成27年11月12日(木曜日)南富良野町保健福祉センターにて実施
  • 地域の見守り活動に貢献する人材になってもらうという観点から、災害等から自分の身を守る方法や地域のつながりをもとにした防災等について学びました。

第4回

  • 平成28年1月21日(木曜日)南富良野町保健福祉センターにて実施
  • 各地域で高齢者の方々がリーダーとして活躍している実践例について演習を交えて学びました。

第5回

  • 平成28年2月25日(木曜日)南富良野町保健福祉センターにて実施
  • 1年間のふりかえりを行い、実施の成果や課題のまとめを行いました。また、町の教育行政の現状について講話から学び、地域で必要とされる高齢者の役割を考えました。

平成28年度(第2年目)第1回報告書

・平成28年6月23日(木曜日) 南富良野町保健福祉センター「みなくる」で実施しました。
・実技「いざ!という時の救命処置について」 地域活動に生かすための知識及び技術の習得を図ることを目的として実施しました。

平成28年度(2年目)第2回報告書

・平成28年7月31日(木曜日) かなやま湖畔キャンプ場野外ステージで実施しました。
・地域・社会参加活動の実践として合唱団を結成し湖水まつり参加しました。

平成28年度(2年目)第3回報告書

・平成29年1月26日(木曜日)に南富良野町情報プラザ1階 イベントホールで実施しました。
・「地域包括支援センターの役割と取り組み」をケアマネージャーから学びました。

江差町

平成27年10月22日から12月3日の間で5回開催しました。

平成27年度(1年目)第1回

  • 平成27年10月22日(木曜日)檜山教育局にて実施
  • ワークショップ「今までの活動、これからの活動の方向性を考える」をテーマに町の課題、自分の活動について考えました。

平成27年度(1年目)第2回

  • 平成27年10月25日(日曜日)函館市BAYはこだてイベント広場にて実施
  • 地域おこしイベント、HAKODATE黒船の江差町ブースへ参加し、町のいいものをPR・販売し、他地域のPR方法を学びました。

平成27年度(1年目)第3回

  • 平成27年11月5日(木曜日)法華寺通り商店街内寄来所にて実施
  • グループワーク「イベント函館黒船で学んだことを交流し、PRに対する考えをまとめる」をテーマに意見交流を行いました。

平成27年度(1年目)第4回

  • 平成27年11月28日(土曜日)江差町役場保健センターにて実施
  • 弘前観光コンベンション協会事務局長 坂本 崇 氏による「『あるものいかし』で考える町おこし」をテーマとした講演は、今後のまちづくりに向け大変参考となりました。

平成27年度(1年目)第5回

  • 平成27年12月3日(木曜日)法華寺通り商店街内寄来所にて実施
  • ワークショップ「行動計画の具現化を図る」をテーマに、最終的に「レジャー中心の観光スポット」を目指すために江差にあるものを活かしたプランづくりを実践しました。

平成28年度(2年目)第1回

 ・ 平成29年2月20日(月曜日)江差地域活性化協力隊事務所
 ・ 3月に行われる「オール江差」に来てくれた方々へどのようなおもてなしをするかなど今後の活動について意見交換を行いました。

平成28年度(2年目)第2回

 ・ 平成29年2月26日(日曜日)江差町文化会館にて
 ・ 地域らしさを如実に表す「郷土芸能」について、深く知り次世代に繋げるべきということを今回のテーマとして「江差郷土芸能伝承祭り」を見学するとともに、講師との意見交換を行いました。

平成28年度(2年目)第3回

 ・ 平成29年3月4日(日曜日)江差町文化会館にて
 ・ 年代や地域を越えた方々が「地域活性化パーティー」での交流を通して、繋がりを深めることでマチ全体のチカラになると考え開催し大変意義ある活動となりました。

平成28年度(2年目)第4回

・平成29年3月30日(木曜日)江差地域活性化協力隊事務所で実施。
・今年度は他地域と連携した活動にすることができました。今後、江差の歴史ある祭りをどのように町外へ発信できるよ うな仕掛けをするかが課題となりました。

興部町

平成26年度(1年目)

  • 平成26年8月8日から11月28日まで、計5回実施しました。
  • 高齢者の方々をメインターゲットとした「まちづくり実践者養成講座」を実施し、住民自らの手による「地域課題の解決」や「まちづくりへの参画」を促進することを目的に実施しました。

平成27年度(2年目)第1回

  • 平成27年9月25日(金曜日)興部町老人福祉センターにて実施
  • 講演から「ボランティア論」を学ぶとともに、ボランティアによるまちづくりの実践例を知ることができました。自身の強みを自覚し、ボランティア活動へ繋げることが、まちづくりになるということを理解しました。

平成27年度(2年目)第2回

  • 平成27年11月13日(金曜日)老人福祉センターにて実施
  • 1年目の活動を振り返るとともに、ワークショップを通し個別の地域課題を抽出しました。課題を参加者全員が共有し、解決策を探ることで、自らもまちづくりの実践者となりえることを理解しました。

平成27年度(2年目)第3回

  • 平成27年11月27日(金曜日)老人福祉センターにて実施
  • 前回の講座で個別に出された地域課題に対し、ワークショップを通じて個人、または団体でできることを議論した。

平成28年度(3年目)第1回~第3回

第1回目 7月22日(金曜日)実施   講師 興部町社会教育係長 近藤 博信 氏
第2回目 10月28日(金曜日)実施  講師 田んぼdeミュージカル委員会 事務局長 齊藤 征義 氏
第3回目 11月11日(金曜日)実施   講師  興部町社化教育係長 近藤 博信 氏

別海町

平成26年度(1年目)

  • 平成26年11月8日から平成27年3月14日まで計3回実施しました。
  • 地域の活性化を目指す住民を対象に、活動の推進に必要なコミュニケーションスキルを向上させ、地域課題の掘り起こしや解決に向けて活動するための企画力向上を図り、まちづくりへの担い手育成に資することを目的に実施しました。

平成27年度(2年目)第1回

  • 平成27年11月6日(木曜日)釧路市民活動センターにて実施
  • 釧路での市民活動センター事業について、施設視察及び指定管理者へのインタビューを実施しました。別海町として、まちづくり活動を行う団体として、必要な視点について学ぶことができました。

平成27年度(2年目)第2回

  • 平成28年2月12日(土曜日)別海町中央公民館にて実施
  • 建て直しが検討されている中央公民館を題材に、今後のまちづくりに必要な機能と関係する住民がどのような役割を果たすのかについて、事例研修やグループワークを通し学びを深めました。

平成28年度(3年目)第1回

・ 平成29年2月19日(日曜日)別海町中央公民館にて実施
・中央公民館などの代替機能を有する新しい交流施設がまちづくりの課題に対し、効果的に機能を発揮するにはどんな工夫が必要 
 かを講演やグループワークを通して学ぶことができました。

平成28年度(3年目)第2回

 ・ 平成29年3月10日(木曜日)別海町役場にて
 ・ 青年層のまちづくり活動・社会教育活動について、町内各地域における状況を確認するとともに、今後の活動について意見交換を行いました。

沼田町

平成25~27年度(3年間)

  • 沼田町の将来を担うまちづくりリーダー養成塾「ぬまかふぇ」のメンバーを対象に実施しました
  • 3年間の取組を通し、まちづくりにかかわるリーダーとしての素質を高めることができました

十勝3町(鹿追町・上士幌町・新得町)

平成25~27年度(3年間)

  • 3町の連携を深めながら、次代のまちづくりを担う青年たちの人材育成を目的に実施。
  • 3年間の取組から、まちづくりに関わるリーダーの資質向上を図ることができた。

道民カレッジ事務局受託者:(公財)北海道生涯学習協会

  • 〒060-0002 札幌市中央区北2条西7丁目かでる2・7 9F
  • TEL: 011-204-5780
  • ファックス: 011-281-6664
  • E-mail: 道民カレッジ事務局
  • 主催: 北海道教育委員会(北海道生涯学習推進センター)