北海道教育委員会では、家庭教育を支援するための職場環境づくりに取り組む企業等と協定を締結し、相互に協力して、北海道における家庭教育の一層の推進を図るための制度を実施しています。
 2,000社を超える企業が趣旨に賛同し道教委との協定を結んでいます。

制度の概要

企業等の取り組み

  • 職場の子育て環境作り
  • 職場見学・職場体験の実施
  • 地域行事への協力・支援
  • 学校行事への参加促進
  • 生活リズム向上の取組
  • 「道民家庭の日」等の普及

北海道教育委員会の支援

  • 協定締結企業等の家庭教育に関する取組をホームページに掲載します。
  • 家庭教育に関する啓発資料を協定締結企業等に配布します。
  • 協定締結企業等が従業員のために開催する講演会に講師を派遣します。

企業等の取組例

企業の取組については、事例を参考にしてください。
企業等は、取組1から4までのうちから1項目以上、ならびに取組5、6のうちから1項目以上に取り組んでいただきます。

企業等の取組例
取組 項目 具体的な事例
取り組み1から4まで下記から1項目以上
1 職場の子育て環境づくり
  • 従業員を対象とした家庭教育に関する職場研修等を開催する。
  • 子育てについての従業員研修を実施する。
  • 家庭教育に関する資料等を掲示する。
2 職場見学・体験の実施
  • 従業員の子どもを企業等に招き、親が働く姿を見せたり、親の仕事を体験させる。
  • 地域の子どもを企業等に招き、従業員が働く姿を見せたり、従業員の仕事を体験させる。
3 地域行事への協力・支援
  • 従業員と子どもが親子で参加できる行事やレクリエーションを実施する。
  • 地域の子どもや親が参加できる行事やレクリエーションを実施する。
  • 企業等が取り組む社会貢献活動に従業員が家族ぐるみで参加する。
  • 子どもが参加する地域の行事やレクリエーションに対して、企業等の施設を活動場所として提供する。
  • 子どもが参加する地域の行事やレクリエーションに対して、従業員が指導者又は運営者等として参加する。
4 学校行事への参加促進
  • 従業員が参観日等の学校行事に参加するための有給休暇を優先的に取得させるようにする。
  • 有給休暇が取得しやすい職場環境づくりに努め、参観日等の学校行事に参加しやすくする。
取り組み5から6まで下記から1項目以上
5 生活リズム向上の取組
  • 従業員の家庭において、子どもが早寝、早起きをし、親子で朝ごはんをとるように働きかけを行うなど、子どもの基本的生活習慣を身に付けさせる取組を行う。
6 「道民家庭の日」等の普及
  • 従業員に対して毎月第3日曜日の「道民家庭の日」や毎月第1・3日曜日の「ノーゲームデー」、毎年11月1日の「北海道教育の日」を普及・啓発するとともに、「道民家庭の日」や「ノーゲームデー」は家族の団らんの日として、職場の行事等を実施しない取組を進める。

事業の詳細及び申し込みについて

  • 事業の詳細は実施要綱をご覧ください。
  • 申込みは、 「北海道家庭教育サポート企業等制度協定申込書」及び「北海道家庭教育サポート企業等制度取組計画書」を作成の上、所在する教育局等にお送りください。
  • 実施要綱や関係書類等は、所在する下記の教育局のホームページをご覧ください。